天然素材の下着を身につける

 

夏はもちろん、それ以外の季節でも意外と汗をかいています。
汗が冷えると体が冷える原因になるので、下着はからなず身につけるようにしましょう。
肌触りがよく吸湿性の高い素材を選べば、汗のベタつきも防げて、着心地も快適です。
私のおすすめは無印良品のインナーウェア。
シンプルなデザインで内側に縫い目が無く、丈も長めでお腹がカバーできて着心地抜群です。

 

素材の種類と特徴
綿

吸水性と保湿性は高いのですが、吸い取った汗が乾きにくい点に注意です。
そのままにすると冷えるので、たっぷり汗をかいたときには着替えましょう。

 

麻にも色々種類がありますが、直接身につけるなら、優しい肌触りのリネンがおすすめです。
吸水や放湿が早く、通気性もいい素材です。

 

シルク(絹)

シルクは触り心地がいいだけでなく、保湿性が高いのが特徴です。吸水性と放湿性も高いので、汗をかいても冷えにくいです。

 

ウール(羊毛)

ウールは、あたたかな空気をふんわりと含むため、保湿性が高い素材です。
吸水性が高く、湿気を含むと熱を放つ点も特徴です。

 

新素材

スポーツ時などは速乾性のあるドライタイプ、冬は保温性の高いヒートタイプ、と状況に応じて活用しましょう。

 

・お腹を温めると手足まで温かくなる

お腹は重要なあたためスポットです。
長めの下着でしっかりとガードしましょう。
重要な内臓のあるお腹まわりが冷えると、体が生命の危機だと判断してしまいます。
全身の熱を中心部に集めるので、手や足の先が冷えてしまうのです。
つまり、お腹をあたためておけば足や手先の冷えも感じにくいということです。
長めのインナーや腹巻きを活用しましょう。

 

・上半身は脱ぎ着しやすく

下半身はあたたかく、上半身は温度差に対応できる状態をキープが基本ルールです。
寒い時期も厚手のセーター1枚などで防寒するより、重ね着で対応するように心がけましょう。

 

・スカートのときはレギンス

生足でスカートをはくと、足が冷気にさらされるだけでなく、行き場のない汗が冷えて下半身が冷える原因になります。
季節を問わず、できるだけレギンスをはきましょう。
寒い時期には汗を吸うだけでなく、肌に密着して体温を閉じ込めてくれます。

 

制服などでストッキングをはかなければならないときは、オフィスで座っている間だけでもレッグウォーマーや膝掛けで冷気をブロックしましょう。
また、足が冷えた日は帰宅後にお風呂でじっくりあたため、その日のうちに冷えをリセットするとよいです。

 

・ゆったりした軽い素材の服を選ぶ

ウエストがきついスカートや、タイトなデザインの洋服、ガードルやストッキングなどの体を締め付ける衣類は、血管を圧迫するため血の巡りを悪くし、冷えの原因になってしまいます。
特にお腹まわりの血めぐりが悪くなると、膀胱炎や生理痛などの原因にもなります。

 

どうしてもタイトな服を着なければならない場合は、帰宅後すぐにしめつけない服に着替えて、長めのお風呂に入ったり、ストレッチをすることで体をほぐしましょう。

 

血流がよくなることで、アンチエイジングになり、顔のたるみ改善にもつながってきます。